PH(ピーエイチ)

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 同じ地点でも、シーズンや時刻で大きく変動する。光合成によって水中の遊離炭酸が消費されると、水中の重炭酸イオンが二酸化炭素と水酸イオンに分解して二酸化炭素を補給する。この水酸イオンによって、日中のpHがアルカリに傾くのである。したがって、付着藻類や水草の繁殖・成長がいちじるしい所ほど、日変化も大となる。

出典:水野信彦・御勢久右衛門(1993)河川の生態学 補訂・新装版、築地書館

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について