鶴見川自然再生事業(希少生物生息環境改善実験)

提供: 河川生態ナレッジデータベース

鶴見川
事業実施箇所
【事業実施箇所】
水系鶴見川水系
河川鶴見川
距離標
下流側)
12k
距離標
上流側)
15k200
都道府県名 神奈川県
市町村名 横浜市
セグメント 3
河床勾配 約1/1000
代表粒径 0.1mm以下
平均年
最大流量
363㎥/s(2001年のみ記載)
平均年
最大流量
の比流量
3.24㎥/s/k㎡
平水流量 5.4㎥/s
平水流量
集水面積比
0.048㎥/s/k㎡
流量観測所名 落合橋
流量観測地点集水面積 112km2
川幅 110m 末吉橋,D:100m未満~50m以上
低水路30~60m
河道状況 上流から運ばれた蛇行部分や支川との合流部付近に堆積し、

州が形成されやすい状態である

河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 1/150
河川整備計画の目標流量 2600㎥/s 基準地点:末吉橋
現況流下能力 1800㎥/s

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成13年度
事業終了年度:平成14年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
昭和50年代まではヨシ原等も見られたが、浚渫等でほとんどが水面となった。現在も残っている干潟等の保全が必要となった。

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

特定生物の保全,水際環境保全再生創出


事業概要
【事業概要】

実施内容
【実施内容】

指標種

植物 無し
水域の動物 無し
陸域の動物 ヨコハマナガゴミムシ


工法

湿地再生
ワンドの整備
  • ヨコハマナガゴミムシの移植地の整備
  • 現在の生息地との連続性確保のためのエコロード整備



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
地域住民との連携の概要
  • 記載無し



事業実施後の問題点



モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング計画
モニタリング計画】

場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • 工事実施後5年間



項目

項目 平常時 洪水
水質
物理環境
生物環境 陸上昆虫類



モニタリング結果(事前)

物理環境
  • 情報なし
生物環境
  • 情報なし



モニタリング結果(直後)

物理環境
  • 情報なし
生物環境
  • 情報なし



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境
  • 情報なし
生物環境
  • 情報なし



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
生物環境の知見



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) D類型 BOD75%値:4mg/l (末吉橋)
植物 ヨシ、オギミゾソバセリクサヨシ、メヒシバ、タコノアシ、カンエンガヤツリ
植物(重要) タコノアシ、カンエンガヤツリ
水域の動物 ホトケドジョウギバチスナヤツメメダカタモロココイオイカワモツゴ、スズキ、マハゼ
水域の動物(重要) ホトケドジョウギバチスナヤツメメダカ
陸域の動物 オオタカ、コアジサシカワウコガモオオヨシキリセッカユリカモメホシハジロ、ヨコハマナガゴミムシ
陸域の動物(重要) オオタカ、コアジサシ

ヨコハマナガゴミムシ



社会環境

背後地の状況
  • 市街地(密)
水利用
  • 鶴見川多目的遊水地
河川利用
  • レクリエーション・スポーツ活動の場
地域住民の活動等
  • 記載無し


河川管理上の課題


添付資料

調査データ

調査データ

関連資料

関連する画像


関連する論文



管理情報

データ管理者
  • 関東地方整備局 京浜河川事務所 調査課
入力者
  • 財団法人リバーフロント整備センター(川口究)
登録年月日
  • 10/6/2011
更新年月日
  • 10/6/2011


関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について