鬼怒川礫河原再生事業

提供: 河川生態ナレッジデータベース

鬼怒川
事業実施箇所

【事業実施箇所】
カワラノギク
カワラノギク

水系 利根川水系
河川 鬼怒川
距離標
下流側)
83k000
距離標
上流側)
101k000
都道府県名 栃木県
市町村名 日光市
セグメント 1
河床勾配 1/200
代表粒径(d=60) 40.00mm
平均年
最大流量
2397.33m³/s
平均年
最大流量
の比流量
0.51m³/s/k㎡
平水流量 19.03m³/s
平水流量
集水面積比
0.02m³/s/k㎡
流量観測所名 井(右)
流量観測地点
集水面積
1,230.00k㎡
川幅 460m
低水路 300m
河道状況 河道が固定化し、単列あるいは2列蛇行流路となっている
河床の
変化傾向
低下傾向
河川整備計画の計画目標安全度 未策定
河川整備計画の目標流量 未策定
現況流下能力 未確認

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成18年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
鬼怒川の中上流域のにおける河原の代表的なイメージは河原である。近年は筋の固定化が進み、河原への植物の侵入も見られるなど、鬼怒川特有の河原のイメージが失われつつある。 治水・利水の課題:取水施設への導水不良、橋梁等の不安定化、側穂侵食や局所洗掘 環境の課題:樹林化、河原固有生物の減少、河原固有生物のハビタットの減少

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

(1)河原保全再生
(2)その他(外来種対策)
  • 外来植物の除去および今後も繁茂しない環境の整備




検討及び実施方策
【検討及び実施方策】

礫河原再生事業(試験施工)の流れ
河原再生事業(試験施工)の流れ】

  試験施工地区概要図
  【試験施工地区概要図】

計画概要図-氏家大橋地区-
【計画概要図-氏家大橋地区-】

  計画概要図-東北自動車道地区-
  【計画概要図-東北自動車道地区-】

指標種

植物 シナダレスズメガヤ,河原固有種カワラノギク等の植物、シルビアシジミ等の昆虫
水域の動物 河原固有生物の生息・生育環境(ハビタット)の把握
陸域の動物 河原固有生物の生息・生育環境(ハビタット)の把握

河原固有昆虫の分布状況


工法

(1)高水敷掘削
(2)樹木伐採
(3)外来種対策(外来植物)
  • 市民と協同したシナダレスズメガヤ等の外来植物駆除
(4)その他



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
  • 菊池昶史,須賀堯三,高松健比古,福島雅紀,三島次郎,鷲谷いづみ
地域住民との連携の概要



事業実施後の問題点

  • 記載なし



モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体



基本方針
【基本方針】

  モニタリングの概要
  【モニタリングの概要】

モニタリングの調査範囲
モニタリングの調査範囲】

  モニタリングの時期と頻度(物理項目)
  【モニタリングの時期と頻度(物理項目)】

モニタリングの時期と頻度(生物項目)1/2
モニタリングの時期と頻度(生物項目)1/2】

  モニタリングの時期と頻度(生物項目)2/2
  【モニタリングの時期と頻度(生物項目)2/2】

場所

  • 直接改変区域のみ



期間

  • H19~H23



項目

項目 平常時 洪水
水質 -(対象外) -(対象外)
物理環境 河床材料 その他 -(対象外)
生物環境 植物 陸上昆虫類 -(対象外)



モニタリング結果(事前)

物理環境

(1)河川景観・河床形状・河床材料

  • 筋の短列化・固定化、樹林化により、昔(昭和)と比べ自然裸地(河原)の範囲が減少


生物環境

(1)陸域生物



モニタリング結果(直後)

物理環境

(1)河川景観・河床形状・河床材料

  • 裸地の出現、大堆の形成


生物環境

(1)陸域生物

  • 駆除した箇所において、シナダレスズメガヤの被度が低下
  • 駆除した箇所において、在来植物河原固有植物が増加
  • 河原依存の昆虫、食草依存の昆虫の個体数の増加



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境

(1)河川景観・河床形状・河床材料


生物環境

(1)陸域生物



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
  • IRフローの概要
自然再生事業実施前の河川の歴史的変遷を仮説化
  • インパクト
※記述なし
  • レスポンス
プロセス:土砂供給の減少、巨の減少・細粒土砂堆積冠水頻度・撹乱頻度の減少
現  象:河原の減少、大堆の減少
生物環境の知見
  • IRフローの概要
自然再生事業実施前の河川の歴史的変遷を仮説化
  • インパクト
※記述なし
  • レスポンス
現  象:河原固有生物の減少、外来植物の侵入


インパクトレスポンス
【インパクトレスポンス】

地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) 未確認
植生 カワラノギク,カワラニガナ,ヨシ・オギ,ヤナギ類,シナダレスズメガヤ
植物(重要) カワラノギク,カワラニガナ
水域の動物 アユ,ジュズカケハゼ
水域の動物(重要) アユ,ジュズカケハゼ
陸域の動物 コアジサシイカルチドリオオヨシキリカワラバッタ
陸域の動物(重要) コアジサシ



社会環境

背後地の状況
  • 農地
水利用
  • 川治ダム,川俣ダム,五十里ダム
河川利用
  • 記載無し
地域住民の活動等
  • 記載無し



河川管理上の課題



添付資料

調査データ

調査データ
  • 無し



関連資料

関連する画像
  • 無し
関連する論文
  • 無し



管理情報

データ管理者
  • 関東地方整備局 下館河川事務所
入力者
  • 川口究(リバーフロント整備センター)
登録年月日
  • 2011/11/30
更新年月日

関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について