降雨

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

降水は、大気から地面に降下する水のことである。一般に、降雨と降雪に大別される。

  • 降水量は、ある時間内に地表の水平面(又は地表の水平投影面)に達した降水の量であり、降水が平面上にたまったと仮定した場合の深さで表す。測定単位はmm である。
  • 降水量観測は、河川防に関する計画の立案、工事の実施、施設の維持管理環境の整備及び保全洪水渇水等による水災害への対応等を実施するための最も基本的な調査項目の一つである。
  • 降水量観測は、自記雨量計(自動記録装置を備えた雨量計)を用いた地上雨量観測を標準とする。
  • レーダ雨量計による観測は、面的な降水量分布を的確に評価するために必要であり、自記雨量計による観測に加えて実施する。


出典:国土交通省水管理・国土保全局(2012)河川防技術基準調査編,平成24年6月版



表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について