重信川自然再生事業(高潮右岸・垣生地区)

提供: 河川生態ナレッジデータベース

重信川
事業実施箇所
【事業実施箇所】
水系重信川水系
河川重信川
距離標
下流側)
0k
距離標
上流側)
15k
都道府県名 愛媛県
市町村名 松山市、松前町
セグメント 3
河床勾配 1/940
代表粒径 約1.4~1.6mm
平均年
最大流量
681㎥/s
平均年
最大流量
の比流量
1.53㎥/s/k㎡
平水流量 3.9㎥/s
平水流量
集水面積比
0.009㎥/s/k㎡
流量観測所名 出合
流量観測地点集水面積 445km2
川幅 230m,B:500m未満~200m以上
低水路記載無し
河道状況 河口部では河口砂州の移動による横断形状の変化がみられるものの、侵食堆積の顕著な傾向は見られず、また河口閉塞も生じてない。
河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 1/150
河川整備計画の目標流量 3300㎥/s 基準地点:出合
現況流下能力 3000㎥/s

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成19年度
事業終了年度:平成25年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
重信川河口自然環境は、現在も悪化し続けており、河道の二極化の進行、外来植物の侵入・拡大にともなう干潟環境及びヨシ生育環境の悪化、干潟ヨシ原の連続する多様な生息環境のさらなる悪化が懸念されている。

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

特定生物の保全
干潟再生


事業内容
【事業内容】

指標種

植物 ヨシ
水域の動物 無し
陸域の動物 シギ、チドリ、オオヨシキリ


工法

河口干潟再生、その他



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
  • 水野 信彦、佐野 栄、井上 幹生、大賀 水田生、柏谷 増男、伊福  誠、勝山 邦久、武岡 英隆ほか 計13名
地域住民との連携の概要
  • 重信川の自然をはぐくむ会を中核とするパートナーシップを構築



事業実施後の問題点

記載無し

モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング計画
モニタリング計画】

場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • 工事実施後5年間,



項目

項目 平常時 洪水
水質 その他
物理環境 河床材料 横断形状
生物環境 植物 底生動物



モニタリング結果(事前)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(直後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境
  • ヨシ移植場所の横断面水際部・中央については、出水時または満潮時に輸送された質の堆積が見られた。陸側については、高水敷から土砂が落下することによるとみられる地盤高の上昇がみられた。
  • 河床材料の粒径は、約1.60mm であり、出水時または満潮時に輸送された質によるものと考えられる。
生物環境



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
生物環境の知見



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) A類型 BOD75%値:約4mg/l (出合橋)
植物 ハマサジ、ハマエンドウ、ヨシ
植物(重要) 記載無し
水域の動物 ハゼ、ボラ、スズキ、クボハゼ、ヒナハゼ、シロウオ、ハクセンシオマネキ、アシハラガニ
水域の動物(重要) クボハゼ、ヒナハゼ
陸域の動物 ハマシギ、クサシギ、コチドリ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ミサゴ
陸域の動物(重要) 記載無し



社会環境

背後地の状況
  • 市街地(密)
水利用
  • 手川ダム
河川利用
  • 昭和18 年から昭和42 年にかけて全川において約300 万m3 の砂利採取が行われ、特に昭和34 年から昭和42 年かけては約120 万m3 の砂利採取が行われた。
  • 日常的な散策やスポーツの場として利用されている。
地域住民の活動等
  • 河川愛護に関する地域住民への啓発活動を推進するとともに、地域住民、市民団体、企業、愛護サポーターによる清掃活動の実施


河川管理上の課題


添付資料

調査データ

調査データ

関連資料

関連する画像


関連する論文



管理情報

データ管理者
  • 四国地方整備局 松山河川国道事務所 調査課
入力者
  • 財団法人リバーフロント整備センター(川口究)
登録年月日
  • 10/6/2011
更新年月日
  • 10/6/2011


関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について