計画規模・確率年

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 洪水を防ぐための計画を作成するとき、被害を発生させずに安全に流すことのできる洪水の大きさ(対策の目標となる洪水の規模)のことを計画規模という。一般的にその洪水が発生する確率(確率年)で表現する。
 例えば、おおよそ10年に一度程度の確率で発生する洪水の規模を「1/10年」、100年に一度発生する洪水の確率年を「1/100年」と表現する。当然、「1/10年の規模の洪水」よりも「1/100年の規模の洪水」の方が、大きな洪水になる。
 大都市を流れる大きな川の計画規模は1/100~1/200年とされているところが多いようである。言いかえると、「平均して100年~200年に一度の割合で発生する洪水に対して安全な川づくりを行っている」ことになる。 一方、中小河川の計画規模は1/10~1/50年程度とされている例が多いようである。

出典:国土交通省国土技術政策総合研究所(2004)河川用語集~川のことば~


関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について