藻類

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 湖沼、河川、海洋などの水中に生育する簡単な体制の光合成植物を主体とする植物群で、水中以外に土壌中、岩の表面や樹木の幹の表面、動物の体表などにも付着して生活している。また、腔腸動物や軟体動物の体内で共生生活を営むものもある。肉眼視できる大型藻と顕微鏡的な微小藻類に分けられる。
 分類学的には、緑藻、紅藻、藍藻、褐藻、渦鞭毛藻珪藻、クリプト藻、ミドリムシ植物などに分けられる。
 水界の生産者であるが、浮遊性のものには赤潮の原因プランクトンであるものがある。

出典:日本水産学会編(1989)水産学用語辞典、恒星社厚生閣

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について