絶滅危惧種

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

環境省レッドリストのカテゴリー(ランク)では、絶滅危惧絶滅危惧I類と絶滅危惧II類に分けられ、さらに絶滅危惧I類は、絶滅危惧IA類と絶滅危惧IB類に分けられている。それぞれの基本概念は以下のとおり。

絶滅危惧I類 (CR+EN):絶滅の危機に瀕している、現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合、野生での存続が困難なもの
 □絶滅危惧IA類(CR):ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
 □絶滅危惧IB類(EN):IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
絶滅危惧II類 (VU):絶滅の危険が増大している、現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合、近い将来「絶滅危惧I類」のカテゴリーに移行することが確実と考えら得るもの



出典:環境省報道発表資料(平成24年8月28日)第4次レッドリストの公表について(お知らせ)

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について