狩野川自然再生事業(大岡地区)

提供: 河川生態ナレッジデータベース

事業実施箇所
【事業実施箇所】
水系狩野川水系
河川
距離標
下流側)
0.0k
距離標
上流側)
0.8k
都道府県名 静岡県
市町村名 沼津市
セグメント 2-2
河床勾配 1/1200~1/1800
代表粒径
平均年
最大流量
1,156㎥/s
平均年
最大流量
の比流量
3.59㎥/s/k㎡
平水流量 15.6㎥/s
平水流量
集水面積比
0.048㎥/s/k㎡
流量観測所名 大仁
流量観測地点集水面積 322km2
川幅 133m
低水路26m
河道状況 湧水が見られる
河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 1/100
河川整備計画の目標流量 4000㎥/s 基準地点:大仁
現況流下能力 4000㎥/s

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成14年度
事業終了年度:平成20年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
川大橋上流左岸の州は陸域化し、樹林が発達。合流点右岸側の陸域化が顕著。樹林帯(エノキ林やメダケ林)が発達。

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

事業内容
【事業内容】

指標種

植物 カワラノギク
水域の動物 アユカケ、ウツセミカジカ
陸域の動物


工法

高水敷掘削
低水路拡幅
護岸整備


(1)河原水際推移帯の再生
  • 陸域化(樹林化)した河岸部の掘削。敷高は平水位レベル。
  • 掘削面は直線的形状とせず変化をもたせ、掘削後は自然状態とする。



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
地域住民との連携の概要
  • 団体との活動の連携を図り、地域住民が主体となった川作りを展開。
  • 広報活動、双方向のコミュニュケーションの確立、流域ネットワークの確立



事業実施後の問題点

記載無し

モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング計画
モニタリング計画】

場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • 工事実施後5年間,



項目

項目 平常時 洪水
水質
物理環境 河床材料 横断形状
生物環境 植物



モニタリング結果(事前)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(直後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境
  • 本川である狩野川の背水の影響を受けるが、後背地では粒径は細かくなるものの、砂礫河原が維持されている。
生物環境
  • 植生はH19に大規模な洪水があったため攪乱環境は維持されている。外来種の出現率に変化はなく、高い出現率である。施工箇所での数は出水後に減少している。



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
生物環境の知見



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) C類型 BOD75%値:2.6~5.6mg/l (黄川橋)
植物 メダケエノキ
植物(重要)
水域の動物 コイギンブナオイカワウグイモツゴニゴイドジョウアユ、ニジマス、マハゼ、ゴクラクハゼ、シマヨシノボリヌマチチブ
水域の動物(重要)
陸域の動物 アオサギカワウコサギカルガモカワセミ
陸域の動物(重要)



社会環境

背後地の状況
  • 市街地(密)
水利用
  • 水道用水1件
河川利用
  • アユ釣り、花火大会、公園緑地、運動場など
地域住民の活動等
  • 狩野川では各団体が多多様な目的をもって活動している。


河川管理上の課題


添付資料

調査データ

調査データ

関連資料

関連する画像


関連する論文



管理情報

データ管理者
  • 中部地方整備局 沼津河川国道事務所 調査課
入力者
  • 財団法人リバーフロント整備センター(川口究)
登録年月日
  • 10/6/2011
更新年月日
  • 10/6/2011


関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について