淀川水系猪名川自然再生事業

提供: 河川生態ナレッジデータベース

猪名川
事業実施箇所
【事業実施箇所】
水系 淀川水系
河川 猪名川
距離標
下流側)
0k600
距離標
上流側)
10k400
都道府県名 兵庫県
市町村名 伊丹市,川西市
セグメント 2-1,1
河床勾配 1/667~1/400
代表粒径(d=60) 20.00~35.00mm
平均年
最大流量
599.00m³/s
平均年
最大流量
の比流量
1.86m³/s/k㎡
平水流量 2.93m³/s
平水流量
集水面積比
0.01m³/s/k㎡
流量観測所名 軍行橋
流量観測地点
集水面積
322.80k㎡
川幅 250m
低水路110m
河道状況 筋が固定化し、水位陸域の二極化が進んだことにより水陸移行帯が減少している
河床の
変化傾向
低下傾向
河川整備計画の計画目標安全度 1/10
河川整備計画の目標流量 記載無し
現況流下能力 未確認

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成18年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
湿地環境の減少
水質改善の鈍化
河原環境水際移行帯の減少
河川流量の減少
◆外来生物の侵入
◆縦断連続性の分断


>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

(1)河原保全再生
(2)湿地環境保全再生創出
(3)縦断的な河川連続性保全再生


目標と整備メニュー
【目標と整備メニュー】

整備方針
【整備方針】

指標種

植物 指定なし
水域の動物 ウナギギンブナオイカワムギツクカマツカ,ギギ,アカザ,アユオオクチバス,ウキゴリ,カワヨシノボリ
陸域の動物 指定なし


工法

高水敷掘削
湿地再生
流水断面整備(魚道整備を含む)
その他


(1)高水敷掘削
(2)湿地再生
(3)流水断面整備(魚道整備を含む)



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
地域住民との連携の概要



事業実施後の問題点

  • 記載なし



モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング指標と項目設定の考え方
モニタリング指標と項目設定の考え方】

モニタリングと順応的管理サイクルのイメージ
モニタリング順応的管理サイクルのイメージ】

河原再生の河道横断形状の考え方一覧
河原再生河道横断形状の考え方一覧】

モニタリング項目と目的
モニタリング項目と目的】

場所

  • 直接改変区域のみ



期間

  • H18-H19



項目

項目 平常時 洪水
水質 -(対象外) -(対象外)
物理環境 水位 河床材料 横断形状 -(対象外)
生物環境 植物 -(対象外)



モニタリング結果(事前)

物理環境

(1)河川景観河床材料、河床形状


生物環境

(1)陸域生物

(2)水域生物


モニタリング結果
モニタリング結果】


モニタリング結果(直後)

物理環境

(河床材料調査)

  • 施工を行っていない他の地区と比較して、出水前より出水後の河床材料の粒度が粗くなっていた。
生物環境

(陸域植生)

  • ハリエンジュメダケなどの木本類の確認数が減少した。
  • 施工後新たに確認されたは153であったが、そのうち74外来種であった。
  • 帰化率は施工前と比較して大きな変化が確認されなかった。



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境

(河床材料調査)

  • 水面との比高差が少ない場所で粒度が粗く分が多い形となり、比高差が大きくなるにつれて粒度が小さくなった。
  • 比高差が大きくなるにつれて粒度が小さくなることはこれまでの傾向と同様であったが、規模の大きい洪水による冠水の影響により、全体的に粒度が細かくなった。

(無次元掃流力)

  • 無次元掃流力は最大で0.08程度となり、計画当初に「河原が維持される」とされた0.05を超過したが、植生の大きな流出は無く河原の状態は維持できていない。


生物環境

(陸域植生)

  • 植生の成立期である春季から秋季にかけて6日に1日程度冠水する立地では湿地植物が成立し、これ以下の冠水頻度の立地では陸生の植物群落が成立する可能性が示俊された。



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
  • IRフローの概要
自然再生事業実施前の河川の歴史的変遷を仮説化
  • インパクト
高水敷整備、河川改修
  • レスポンス
プロセス:河道の複断面化、みお筋の固定化
現  象:低水路河床の低下・砂州高の上昇、水際の急勾配


生物環境の知見
  • IRフローの概要
自然再生事業実施前の河川の歴史的変遷を仮説化
  • インパクト
高水敷整備、河川改修
  • レスポンス
現  象:砂州植生繁茂域の拡大、水際のヨシ帯・湿地環境の減少による昆虫類鳥類の減少



インパクトレスポンス
【インパクトレスポンス】

地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) B
植物 ヨモギーカワラマツバ群落ツルヨシ群落ヨモギ群落セイタカアワダチソウセイバンモロコシアレチウリ
植物(重要)
水域の動物 ウナギギンブナオイカワムギツクカマツカ,ギギ,アカザ,アユオオクチバス,ウキゴリ,カワヨシノボリ
水域の動物(重要) アカザ
陸域の動物 スズメ,カワラバト,ムクドリ
陸域の動物(重要)



社会環境

背後地の状況
  • 市街地(密)
水利用
河川利用
  • 記載無し
地域住民の活動等
  • 尼崎市美化活動,伊丹市美化活動,猪名川河川愛護セミナー,河川レンジャー制度,市民参加によるワンドの整備



河川管理上の課題



添付資料

調査データ

調査データ
  • 無し



関連資料

関連する画像
  • 無し
関連する論文
  • 無し



管理情報

データ管理者
  • 近畿地方整備局 猪名川河川事務所
入力者
  • 川口究(リバーフロント整備センター)
登録年月日
  • 2011/11/30
更新年月日

関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について