河川環境

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 平成9 年の河川法改正により、治水・利水に加えて「河川環境の整備と保全」が河川管理の目的の一つに加えられた。「河川環境の整備と保全に関する基本的事項は、動植物の良好な生息・生育環境保全・復元、良好な景観の維持・形成、人と河川との豊かなふれあい活動の場の維持・形成、良好な水質保全について総合的に考慮して定める」ものであり、河川環境調査は、これらの項目について河川環境の実態を把握することを目的として実施されるものである。

 河川は、水域陸域が接する場であるとともに、流量地形の変動が大きく、かく乱の激しい環境である。また、現代においては、土地の高度利用の進展にともない、流域湿地環境が減少する中、河川区域湿地環境が残っており、その限られた空間に貴重な生息・生育環境が維持されている場合が多い。

出典:国土交通省水管理・国土保全局(2012)河川防技術基準調査編,平成24年6月版



表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について