江の川自然再生事業(桂地区)

提供: 河川生態ナレッジデータベース

江の川
水系江の川水系
河川江の川
距離標
下流側)
175k
距離標
上流側)
175k600
都道府県名 広島県
市町村名 安芸高田市
セグメント 1
河床勾配 約1/500~1/900
代表粒径 記載無し
平均年
最大流量
2,159㎥/s
平均年
最大流量
の比流量
1.09㎥/s/k㎡
平水流量 39.4㎥/s
平水流量
集水面積比
0.020㎥/s/k㎡
流量観測所名 尾関山
流量観測地点集水面積 1,981km2
川幅 250m 尾関山,B:500m未満~200m以上
低水路記載無し
河道状況 以前は河原だった砂州が樹林化
河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 記載無し
河川整備計画の目標流量 10200㎥/s 基準地点:尾関山
現況流下能力 7600㎥/s

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成17年度
事業終了年度:平成24年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
ダム・等の建設や砂利採取の停止、河道植生の持ち出し停止により川のダイナミズム(攪乱)が低下し、砂礫河原の減少、樹林化が進行し、本来の河原植生が減少した。

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

河原保全再生


自然再生の目標
自然再生の目標】

自然再生事業区間選定
自然再生事業区間選定】

自然再生における施工メニュー
自然再生における施工メニュー】

指標種

植物 オキナグサ、カワラハハコ
水域の動物 無し
陸域の動物 イカルチドリ


工法

樹木伐採、その他



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
  • 裏戸勉、漆谷光明、口羽秀典、児玉更太郎、篠原貞生、辻駒健二、松浦博幸、村上恭祥
地域住民との連携の概要



事業実施後の問題点

砂州切り下げ部分では土砂供給が少ない場合、河床低下が起こり、湿性植物が発達する可能性があるため、状況に応じて土砂供給に配慮する必要がある。

モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング計画
モニタリング計画】

場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • その他, 7年間



項目

項目 平常時 洪水
水質
物理環境 河床材料 横断形状 航空写真
生物環境 植物 陸上昆虫類 鳥類 底生動物類 魚類



モニタリング結果(事前)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(直後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境
生物環境
  • 植生調査では、施工直後から侵入、多年草へ遷移、特に河床構成がマトリックス状の箇所で顕著。
  • 生物調査では、陸上昆虫類については、2~3年程度で復元され、鳥類については、指標種イカルチドリが施工後2ヶ年3箇所で確認



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
生物環境の知見



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) A類型 BOD75%値:記載無し
植物 キシツツジ、ツメレンゲ、オキナグサ、カワラハハコ
植物(重要) オキナグサ、カワラハハコ
水域の動物 アユオイカワオヤニラミ、イシドジョウ、サクラマス
水域の動物(重要)
陸域の動物 イカルチドリ
陸域の動物(重要) 記載無し



社会環境

背後地の状況
  • 市街地(密)
水利用
  • 土師ダム
河川利用
  • 記載無し
地域住民の活動等
  • 関係市町村が交流を図りながら環境共生と地域の活性化を図るため「江の川文化圏会議」を組織し、江の川を通じて流域の活性化や地域防災への意識向上、河川美化及び流域PR活動等を行っている


河川管理上の課題


添付資料

調査データ

調査データ

関連資料

関連する画像


関連する論文



管理情報

データ管理者
  • 中国地方整備局 三次河川国道事務所 調査課
入力者
  • 財団法人リバーフロント整備センター(川口究)
登録年月日
  • 10/6/2011
更新年月日
  • 10/6/2011


関連ページ



表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について