橋梁

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 

 河川、渓谷、湖沼、海峡、運河、道路、鉄道などの上方に輸送路を設けるためにつくられる構造物の総称。橋の類には、使用材料による分類(鋼橋、コンクリート橋など)、用途による分類(道路橋、鉄道橋、人道橋など)、通路の位置による分類(上路橋、下路橋など)、平面形による分類(直線橋、曲線橋)などがある。
 

・桁橋(けたきょう):シンプルな形の橋で、国道に一番多く架けられている形式。
・トラス橋:トラスとは三角形のことで、三角形は強い性質を持つことから考案され、鉄製のトラスが用いられる。
・アーチ橋:をアーチ型に積み上げることにより、互いに隣のを支え合う。現在は鉄を利用している。
・ラーメン橋:桁と橋脚を一体にした構造をドイツ語でラーメンと呼び、新幹線や道路の高架などに用いられる。
・斜張橋(しゃちょうきょう):塔からケーブルを斜めに張り、桁の中間部を支える工法。
・吊り橋:吊ることは重いものを支えるには良い方法だが、ケーブルを支えるには重いブロックが必要となる。




表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について