標津川自然復元川づくり事業

提供: 河川生態ナレッジデータベース

標津川
実施箇所
【実施箇所】
水系 標津川水系
河川 標津川
距離標
下流側)
8k500
距離標
上流側)
8k500
都道府県名 北海道
市町村名 中標津町
セグメント 2-1
河床勾配 1/900
代表粒径(d=60) 未確認
平均年
最大流量
231.23m³/s
平均年
最大流量
の比流量
2.84m³/s/k㎡
平水流量 19.00m³/s
平水流量
集水面積比
0.03m³/s/k㎡
流量観測所名 合流点
流量観測地点
集水面積
657.00k㎡
川幅 320m
低水路30m
河道状況 河床の急勾配化により浅場が減少している
河床の
変化傾向
低下傾向
河川整備計画の計画目標安全度 戦後最大出水(S22.9)相当規模(確率規模未記載)
河川整備計画の目標流量 590m³/s
現況流下能力 700m³/s

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成13年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
治水安全度向上を目的とした河川改修蛇行切り替え、幹線排水工事)による環境変化。河川環境の創造(魚類に対する配慮、自然河川への復元)についての地域要望の高まり

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

縦断的な河川連続性保全再生



事業概要1
【事業概要1】

事業概要2
【事業概要2】

指標種

植物 ハルニレ,ヤチダモ,ハンノキ,ヨシ,スゲ
水域の動物 ヤマメ,サクラマス,ウグイ
陸域の動物 タンチョウ


工法

蛇行復元



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
  • 黒木幹男,内島邦秀,岡村俊邦
地域住民との連携の概要
  • シベツ・ニュースレター等定期的な広報誌の発行、小中高校の先生と共同で標津川教育教材等の作成、川づくりを流域住民で考えるシンポジウムの開催、環境教育として子供や一般住民による植樹会などを実施



事業実施後の問題点

  • 記載なし



モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング計画
モニタリング計画】

場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • 工事実施前より工事実施後までの5年間,



項目

項目 平常時 洪水
水質 濁り -(対象外)
物理環境 水位 流量 河床材料 横断形状 -(対象外)
生物環境 植物 底生動物類 魚類 その他 -(対象外)



モニタリング結果(事前)

物理環境

(1)河川景観河床材料,河床形状


生物環境

(1)水域生物

(2)陸域生物



モニタリング結果(直後)

物理環境

(1)河川景観河床材料,河床形状

  • 通水から3 ヶ月後には蛇行部の内岸側と直線部に砂州が形成


生物環境
  • なし



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境

(1)河川景観河床材料,河床形状

(2)その他


生物環境

(1)水域生物



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
  • IRフローの概要
自然再生事業実施前の河川の歴史的変遷を仮説化
  • インパクト
河道の直線化(捷水路化)、築防ダム及び床固工の実施
  • 物理環境のレスポンス
プロセス:氾濫環境の減少、保水性の低下、流速の増大、河川水位の低下、魚類の遡上障害
現  象:旧川の止水状態の形成・乾燥化、流水環境の多様性の減少
生物環境の知見
  • IRフローの概要
自然再生事業実施前の河川の歴史的変遷を仮説化
  • インパクト
河道の直線化(捷水路化)、築防ダム及び床固工の実施
  • 生物環境のレスポンス
現  象:河畔林の多様性の減少、魚類の生息環境の悪化


インパクトレスポンス
【インパクトレスポンス】

地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) B
植生 オノエヤナギ,エゾノキヌヤナギ,タライカヤナギ,ケヤマハンノキ,ハルニレ,ヤチダモ,クロミサンザシ,ホザキシモツケ,ネムロブシダマ,ノダイオウ,チシママンテマ,エゾハコベ,フクジュソウ,エゾキンポウゲ,バイカモ,ナガミノツルキケマン,ノウルシ,ヤマタニタデ,クロユリ,タマミクリ,ホソバヒルムシロ,ホソバウキミクリ,ヒンジモ,タヌキモ,ミズアオイ,エゾミクリ,ハンノキ,ヨシ,スゲ
植物(重要) タライカヤナギ,クロミサンザシ,ホザキシモツケ,ネムロブシダマ,ノダイオウ,チシママンテマ,エゾハコベ,フクジュソウ,エゾキンポウゲ,バイカモ,ナガミノツルキケマン,ノウルシ,ヤマタニタデ,クロユリ,タマミクリ,ホソバヒルムシロ,ホソバウキミクリ,ヒンジモ,タヌキモ,ミズアオイ,エゾミクリ
水域の動物 モノアラガイ,フタバコカゲロウ,ツメナガナガレトビケラ,マメゲンゴロウ,ハセガワドロムシ,スナヤツメ,シベリアヤツメ,ウグイ,ヤチウグイ,エゾウグイ,フクドジョウ,サケ,サクラマス,オショロコマ,アメマス,エゾトミヨ,ヤマメ
水域の動物(重要) モノアラガイ,ハセガワドロムシ,スナヤツメ,シベリアヤツメ,ヤチウグイ,エゾウグイ,サクラマス,オショロコマ,エゾトミヨ
陸域の動物 エゾチッチゼミ,キタイトトンボ,ギンイチモンジセセリ,ルリシジミ,ウラギンスジヒョウモン,タカネクロバエ,ケマダラカミキリ,ニホンアマガエル,エゾアカガエル,オオアシトガリネズミ,エゾリス,エゾシマリス,エゾヤチネズミ,ヒメネズミ,ドブネズミ,キタキツネ,イイズナ,エゾシカ,オシドリ,オオタカ,タンチョウ,オオジシギ,オオアカゲラ,コアカゲラ,ヒバリ,ショウドウツバメ,オジロワシ,ヒガラ,シジュウカラ,カワセミヒシクイ,オナガガモアオサギ,タヒバリ,オオワシ
陸域の動物(重要) ギンイチモンジセセリ,ウラギンスジヒョウモン,タカネクロバエ,ケマダラカミキリ,オシドリ,オオタカ,タンチョウ,オオジシギ,オオアカゲラ,コアカゲラ,オジロワシ,ヒシクイ,オオワシ



社会環境

背後地の状況
  • 農地
水利用
河川利用
  • 特記事項なし
地域住民の活動等
  • 特記事項なし



河川管理上の課題

添付資料

調査データ

調査データ
  • 無し



関連資料

関連する画像
  • 無し
関連する論文
  • 無し


管理情報

データ管理者
  • 北海道開発局 釧路開発建設部
入力者
  • 川口究(リバーフロント整備センター)
登録年月日
  • 2011/11/30
更新年月日

関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について