木曽川自然再生事業(木曽・揖斐川河口部地区)

提供: 河川生態ナレッジデータベース

木曽川
水系木曽川水系
河川木曽川
距離標
下流側)
0k
距離標
上流側)
12k400
都道府県名 愛知県
市町村名 弥富市、桑名市
セグメント 3
河床勾配 1/17000
代表粒径 シルト
平均年
最大流量
5,672㎥/s
平均年
最大流量
の比流量
1.21㎥/s/k㎡
平水流量 167.8㎥/s
平水流量
集水面積比
0.036㎥/s/k㎡
流量観測所名 犬山
流量観測地点集水面積 4,684km2
川幅 260m,B:500m未満~200m以上
低水路記載無し
河道状況 記載無し
河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 記載無し
河川整備計画の目標流量 19500㎥/s 基準地点:犬山
現況流下能力 13500㎥/s

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成14年度
事業終了年度:平成23年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
干潟の減少、ヨシ原の減少、自然環境の減少により、生物生息機能の低下、生物生産機能の低下、親水空間の減少、水質浄化機能の低下が課題となった

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

特定生物の保全,湿地環境保全再生創出,水際環境保全再生創出

 【干潟再生

 【ヨシ原再生保全

 【自然環境保全


事業内容
【事業内容1】
  事業内容
  【事業内容2】


指標種

植物 タコノアシ、イセウキヤガラ
水域の動物 ヤマトシジミ、コメツキガニ、ゴカイ、ハゼ類、フナ類、メダカ
陸域の動物 オオヨシキリカヤネズミアシハラガニ


工法

河床整正(土砂投入)、護岸整備、その他

 【干潟再生

  • 波、風、潮汐等の自然の力によって徐々に干潟が形成されるように、土砂投入は数回に分けて、護岸全面に盛土を行う。養浜のには同じ河川を使用

 【ヨシ原再生保全

  • ヨシ原の基盤工事では極力自然の素材(大型土嚢等)を用いる

 【自然環境保全

  • 生物におけるワンド利用を踏まえ、整備、保全していく、貴重な植物の移植し、その周辺も保全する



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
  • 秋田 清音、安立 敏行、伊藤 直之、萱場 祐一、関口 秀夫、藤田 裕一郎、増田 理子、森 誠一
地域住民との連携の概要
  • 「夢の郷」プロジェクト(自然再生分科会)を通して連携をはかる。



事業実施後の問題点

記載無し

モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング計画
モニタリング計画】

モニタリング計画
モニタリング計画】

場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • その他, 施工ごとに3年間



項目

項目 平常時 洪水
水質 その他
物理環境 河床材料 横断形状
生物環境 植物 陸上昆虫類 両生爬虫類 哺乳類 鳥類 底生動物類 魚類



モニタリング結果(事前)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(直後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • マクロベントスは、合計173類が出現した。個体数、湿重量からみた主な出現はいずれも二枚貝類であり、人工干潟周辺のアサリは春季の個体数の最優占種になっていた。
  • 長良川の漁獲量は、河口堰上流側では平成 10 年度以降ほとんどみられず、河口堰下流側の漁獲量は年変動が大きい。



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
生物環境の知見



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定)
植物 コカナダモ、オオカナダモ、シオクグオオクサキビ、ケイヌビエ、ヨシ、オギアカメヤナギメダケ
植物(重要) 記載無し
水域の動物 カマツカオイカワヌマチチブボウズハゼ、アシシロハゼ、マハゼ、、ビリンゴ、フナ、チリメンカワニナ、ミゾレヌマエビ、カワヒバリガイ、マシジミモクズガニ
水域の動物(重要)
陸域の動物 ショウドウツバメコガモ、ニュウナイスズメ、オオヨシキリ、ヒヨドリ、カルガモ、キジ、バト、ハクセキレイコムラサキ、ゴマダラチョウ、ヤナギルリハムシ、ヤナギグンバイ、スズムシ、ムネホシシロカミキリ、キバネキバナガミズギワゴミムシ、チョウトンボ、コフキトンボ、コシアキトンボ、ナゴヤサナエ、オオヤマトンボ、ミカワオサムシ、エゾカタビロオサムシ、クマスズムシ、ヌートリア、アカネズミ
陸域の動物(重要) ナゴヤサナエ



社会環境

背後地の状況
  • 農地
水利用
  • 木曽川大
河川利用
  • ウィンドサーフィン、プレジャーボート等の水面利用が盛ん
地域住民の活動等
  • 河川に関する情報を地域住民と幅広く共有し、住民参加による河川清掃、河川愛護活動等を推進するとともに、防災学習、河川の利用に関する安全教育、環境教育等の充実を図る。12kp付近に水辺の楽校あり


河川管理上の課題


添付資料

調査データ

調査データ

関連資料

関連する画像


関連する論文


その他

外部リンク


管理情報

データ管理者
  • 中部地方整備局 木曽川下流河川事務所 調査課
入力者
  • 財団法人リバーフロント整備センター(川口究)
登録年月日
  • 10/6/2011
更新年月日
  • 10/6/2011


関連ページ



表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について