木曽川自然再生事業(忠節地区等)

提供: 河川生態ナレッジデータベース

長良川
事業実施箇所
【事業実施箇所】
水系木曽川水系
河川長良川
距離標
下流側)
48k
距離標
上流側)
56k
都道府県名 岐阜県
市町村名 岐阜市
セグメント 2-1
河床勾配 1/560
代表粒径 0.534mm
平均年
最大流量
3,493㎥/s
平均年
最大流量
の比流量
2.17㎥/s/k㎡
平水流量 71.2㎥/s
平水流量
集水面積比
0.044㎥/s/k㎡
流量観測所名 忠節
流量観測地点集水面積 1,607km2
川幅 280m,B:500m未満~200m以上
低水路記載無し
河道状況 河原が広がり、が比較的明瞭である。ワンドがみられる。
河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 記載無し
河川整備計画の目標流量 8900㎥/s 基準地点:忠節
現況流下能力 8300㎥/s

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成17年度
事業終了年度:平成23年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
樹林地の増加、裸地の面積の減少、ワンド・タマリの減少、両岸延長の人工護岸

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

特定生物の保全水際環境保全再生創出
  • 裸地の砂礫地の保全
    • 現在のコアジサシの生育場となっている、砂州保全して行くとともに、かつてあった水辺へのアクセスが容易な河原が維持再生する
    • 水浴場やその他のイベントができる河原を維持し、かつ治水対策等の整備に当たっては、自然環境に配慮しつつ、景観や人の利用を重視した整備をする


事業内容
【事業内容】

指標種

植物 シナダレスズメガヤ
水域の動物
陸域の動物 コアジサシ


工法

高水敷掘削低水路拡幅
  • 草地化等著しい場合は裸地が維持できる様に、表土掘削
  • 植生遷移が進行している砂州(寄州)は、冠水頻度を高める表土掘削
  • 河道掘削は、河原をできる限り残し、また水際部分は緩傾斜とする。



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
  • 小笠原 昭夫、梶浦 敬一、萱場 祐一、野平 照雄、藤田 裕一郎、水野 瑞夫、森  誠一
地域住民との連携の概要
  • 連携をはかるための中核施設として河川環境研究所を設置



事業実施後の問題点



モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング計画
モニタリング計画】

場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • 工事実施後5年間



項目

項目 平常時 洪水
水質
物理環境 河床材料
生物環境 植物 鳥類



モニタリング結果(事前)

物理環境
生物環境



モニタリング結果(直後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
生物環境の知見



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定)
植物 ミズマツバ、カワヂシャ、ミゾコウジュ、フジバカマ、ササバモ
植物(重要) ミズマツバ
水域の動物 ウグイ、スジシマドジョウドンコ
水域の動物(重要) ウグイ、スジシマドジョウドンコ
陸域の動物 コアジサシ、カモ、ハグロトンボカンタンショウリョウバッタ、ホシササキリトノサマバッタ、ミツカドコオロギ、ヌートリア、イタチ、ヌマガエル、アカネズミ、アオダイショウ、カヤネズミ
陸域の動物(重要) コアジサシ、カモ、ハグロトンボ、ホシササキリカヤネズミ



社会環境

背後地の状況
  • 市街地(密)
水利用
河川利用
地域住民の活動等
  • 記載無し


河川管理上の課題


添付資料

調査データ

調査データ

関連資料

関連する画像


関連する論文



管理情報

データ管理者
  • 中部地方整備局 木曽川上流河川事務所 調査課
入力者
  • 財団法人リバーフロント整備センター(川口究)
登録年月日
  • 10/6/2011
更新年月日
  • 10/6/2011


関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について