木曽川自然再生事業(加茂地区)

提供: 河川生態ナレッジデータベース

木曽川
事業実施箇所


【事業実施箇所】
水系木曽川水系
河川木曽川
距離標
下流側)
65k
距離標
上流側)
70k400
都道府県名 岐阜県
市町村名 美濃加茂市
セグメント M
河床勾配 約1/750
代表粒径 ・岩
平均年
最大流量
5,672㎥/s
平均年
最大流量
の比流量
1.21㎥/s/k㎡
平水流量 167.7㎥/s
平水流量
集水面積比
0.019㎥/s/k㎡
流量観測所名 犬山
流量観測地点集水面積 4,684km2
川幅 260m,B:500m未満~200m以上
低水路記載なし
河道状況 河岸が岩段丘となる段丘区間であり河岸が岩が多い
河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 記載なし
河川整備計画の目標流量 19500㎥/s 基準地点:犬山
現況流下能力 13500㎥/s

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成17年度
事業終了年度:平成14年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:

  • 犬山頭首工の魚道は、魚道入り口付近で流況によって遡上が困難となっている。
  • 犬山頭首工下流には多数の両生類が生息し、異常な生息密度となっている。
  • 特に平成16年度の洪水土砂堆積し、生息環境が悪化した。



>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

縦断的な河川連続性保全再生
  • 移動性の弱い生物の移動に配慮した魚道の改善


事業内容
【事業内容】

指標種

植物
水域の動物 オオサンショウウオ
陸域の動物


工法

  • 両生類の生息を考慮した沈床工の改修
    • 治水上の強度等の要件を満たすため、基盤部分は強固な構造とする。ただし伏流水の流れに障害がないように、多穴質な素材等を用いる等の工夫を行う。
    • 隠れ家となるやヒューム管等で空隙を作る。



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
地域住民との連携の概要
  • 連携をはかるための中核施設として河川環境研究所を設置



事業実施後の問題点

  • 現状の沈床工を撤去する際は、沈床工内の生物の生息状況に十分注意しながら撤去を行う。
  • 撤去、仮設道路設置等に際しては、濁水等の発生を最小限とするように留意する。
  • 池部の掘削、沈床工の設置に際しては、濁水等の発生を最小限とする。
  • 沈床工の固定工などに際しては、極力低振動の工法を用いる。



モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング計画
モニタリング計画】

場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • 記載なし



項目

項目 平常時 洪水
水質 濁り その他
物理環境 その他
生物環境 底生動物



モニタリング結果(事前)

物理環境
  • 記載なし
生物環境
  • 記載なし



モニタリング結果(直後)

物理環境
  • 記載なし
生物環境
  • 記載なし



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境
  • 記載なし
生物環境
  • 記載なし



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
生物環境の知見



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) A類型 BOD75%値:0.8mg/l (犬山)
植物 ナメラダイモンジソウ、ケイリュウタチツボスミレ、ヤシャゼンマイ
植物(重要) ナメラダイモンジソウ、ケイリュウタチツボスミレ、ヤシャゼンマイ
水域の動物 記載なし
水域の動物(重要) 記載なし
陸域の動物 ヤマセミ
陸域の動物(重要) ヤマセミ



社会環境

背後地の状況
  • 山地
水利用
  • 今渡ダム
河川利用
  • 景勝地
地域住民の活動等
  • 美農加茂(太田)水の楽校


河川管理上の課題


添付資料

調査データ

調査データ

関連資料

関連する画像


関連する論文



管理情報

データ管理者
  • 中部地方整備局 木曽川上流河川事務所 調査課
入力者
  • 財団法人リバーフロント整備センター(川口究)
登録年月日
  • 10/6/2011
更新年月日
  • 10/6/2011


関連ページ



表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について