撹乱

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 河川流量は平常時と比較すると洪水時には数百~千倍に達し、湛水面積や水深も増加し、それまで形づくられてきた生態系を破壊して新しいものに更新する。こうした洪水のような現象を撹乱と呼び、河川では撹乱が大規模で頻繁に生ずることから、変動する自然条件のもとでの生態系が構成される。   ところが、洪水制御のために設置されるダムや遊水地などの治水施設は、洪水流量や頻度を減らすため、河川内における撹乱の規模や頻度が減少し、安定した場所に長時間かかって成長する生物が増加するようになる。 

出典:高橋裕・岩屋隆夫・沖大幹・島谷幸宏・寶馨・玉井信行・野々村邦夫・藤芳素生編(2009)川の百科事典、丸善出版

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について