扇状地

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 山地から平野へ川が流れ出すところを 上空から見た時、扇形に見える地形を扇状地という。
 洪水は山地から平野部へ流れ出す時に勢いが小さくなるため、を運ぶ力も弱くなる。このため山地の麓付近で、水と一緒に流れてきた土砂砂礫が同心円状に堆積して、扇形の地形を作る。
 扇状地は水がしみこみやすいため伏流水が多く、扇状地の端(扇端)に伏流水湧水となって湧出する特徴がある。

ファイル:senjochi.jpg


出典:国土交通省国土技術政策総合研究所(2004)河川用語集~川のことば~

関連用語


関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について