感潮区間

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

感潮域の設定範囲は図に示したとおりである。上流端と下流端は以下のように設定する。

1)上流
感潮域の上流端は、順流区間でなくなる所すなわち感潮区間でなくなる所を基本とする。ただし、河口堰など河川の流れを制御する河川構造物がある場合は、その位置を感潮域の上流端とする。潮止堰など塩水の遡上を防止する河口構造物の場合は、より上流まで潮の干満による影響があるものは、感潮区間を感潮域の上流端とする。


2)下流
河川と海の境界を「水質汚濁防止法の施行について(昭和46 年9 月20 日環水管第24 号)」において定められており、この境界部を感潮域の下流端とする。




図 感潮域の水域区分

出典:国土交通省水管理・国土保全局(2012)河川防技術基準調査編,平成24年6月版



表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について