多自然川づくり

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 平成2年11月に「多自然型川づくりの推進について」の通達が出された。この通達で、「多自然型川づくり」は、「河川が本来有している生物の良好な成育環境に配慮し、あわせて美しい自然景観保全あるいは創出する事業の実施をいう」と定義されている。


 通達が出されて以来、さまざまな工夫を重ねながら、治水機能環境機能を両立させた数多くの事例が積み重ねられたが、一方で、場所ごとの自然環境の特性への考慮を欠いた改修を進めたり、他の施工箇所の工法をまねるだけの画一的で安易な川づくりも多々見られる。


 そこで、国土交通省は平成17年9月に「多自然川型づくり」レビュー委員会を設置し、平成18年5月に委員会からの提言として「多自然川づくりへの展開」を受けた。
 国土交通省はこの提言を踏まえて、平成2年に定めた「多自然型川づくり実施要領」を廃止し、多自然川づくりの新たな展開を図るべく「多自然川づくり基本指針」を定めた。
 多自然川づくり基本指針によると、「多自然川づくり」の定義は、「河川全体の自然の営みを視野に入れ、地域の暮らしや歴史・文化との調和にも配慮し、河川が本来有している生物の生息・生育・繁殖環境及び多様な河川景観保全創出するために、河川管理を行うこと」である。
 また、「多自然川づくり」はすべての川づくりの基本であり、すべての一級河川二級河川及び準用河川における調査、計画、設計、施工、維持管理等の河川管理におけるすべての行為が対象となるとされている。 


国土交通省河川局 記者発表 平成18年10月13日(「多自然川づくり基本指針」の策定について~河川環境を取り戻し、人と川の関係を取り戻すために~ )

関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について