吉井川(瀬戸地区)自然再生事業

提供: 河川生態ナレッジデータベース

吉井川
水系 吉井川水系
河川 吉井川
距離標
下流側)
13km
距離標
上流側)
19km
都道府県名 岡山県
市町村名 岡山市
セグメント 2-1
河床勾配 1/1,000~1/1,900
代表粒径(d=60) 55.00mm
平均年
最大流量
2,698.58m³/s
平均年
最大流量
の比流量
1.35m³/s/k㎡
平水流量 31.12m³/s
平水流量
集水面積比
0.02m³/s/k㎡
流量観測所名 御休
流量観測地点
集水面積
1,996.00k㎡
川幅 450m
低水路220m
河道状況 湾曲部内側に砂州があるものの、交互砂州を形成には至っていない。
河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 未策定
河川整備計画の目標流量 未策定
現況流下能力 未確認

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成22年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:

  • アユモドキの唯一の産卵場所が戸地区に分布しており、危険分散の観点から新たな産卵場所が必要
  • による一時的水域が既存の産卵場所であるが、一方でによる分断も生じている。
  • 分断後は地元のNPO団体によって下流に取り残されたアユモドキを産卵場のある上流側に放流しており、アユモドキが自然状態で産卵できていない。


>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

(1)特定生物の保全
  • アユモドキの産卵場の再生、隠れ場所の再生
  • 外来魚の迷入とアユモドキの捕食を軽減する水深および魚巣ブロックの整備


(2)縦断的な河川連続性保全再生
  • 古川際下流部の掘り下げや移動阻害となっている角落としやに小型魚道等を設置することによる、産卵場等へのアユモドキの遡上の確保


整備イメージ
【整備イメージ】

瀬戸地区における事業の進め方
戸地区における事業の進め方】

指標種

植物
水域の動物 アユモドキ
陸域の動物


工法

流水断面整備(魚道整備を含む)
  • 堤外地高水敷の掘削と灌漑期と非灌漑期の水位差を利用した流水断面創出、および水位の高低に対応できるよう産卵場内部に段差を設置。
  • 堤外地の流水断面における魚巣ブロックの整備、バイパス水路整備による落差の解消。
  • 堤内地におけるコンクリート化された護岸の再整備、スロープ状の繁殖場所の創出、隠れ場の整備。
  • 遡上の障害となるなどの施設の護岸部分にバイパス式の魚道を整備し、上げ時においても機能する遡上経路を創出



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
  • 青雅一,阿部司,岡本芳明,波田善夫,藤井源裕,前野詩朗
地域住民との連携の概要
  • 吉井川戸地区自然再生協議会を通じ、専門家、地元住民の代表を交え協議会を開催。このほか有識者で構成する「アユモドキ保全検討活用協議会」、農林水産省を事務局とした「生息環境向上技術検討会」を開催し、多様な意見を事業に反映。



事業実施後の問題点

  • 記載なし



モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリング方針
モニタリング方針】

場所

  • 直接改変区域のみ



期間

  • 工事実施後5年間



項目

項目 平常時 洪水
水質 濁り -(対象外)
物理環境 河床材料 横断形状 -(対象外)
生物環境 植物 陸上昆虫類 鳥類 底生動物類 魚類 -(対象外)



モニタリング結果(事前)

物理環境

(1)河川景観河床材料、河床形状 ・コンクリート護岸(かくれ場の不足) ・支川堤内地に角落としの設置、移動経路の分断 ・流水の不足


生物環境

(1)陸域生物

(2)水域生物



モニタリング結果(直後)

物理環境


生物環境



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境


生物環境



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
  • -
生物環境の知見
  • -



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) 未確認
植生 ヤナギタコノアシ,ミゾコウジュ,ヒシモドキ
植物(重要) タコノアシ,ミゾコウジュ,ヒシモドキ
水域の動物 アユモドキ,サツキマス,オイカワ,スイゲンゼニタナゴヤリタナゴ,ダルマガエル,スッポン,トノサマガエル
水域の動物(重要) アユモドキ,サツキマス,スイゲンゼニタナゴヤリタナゴ
陸域の動物 オオヨシキリ,ミサゴ,カワウ,カモ類,サギ類,シギ類,チドリ類,テン,グンバイトンボ等
陸域の動物(重要) ミサゴ,グンバイトンボ



社会環境

背後地の状況
  • 市街地(疎),山地
水利用
  • 該当無
河川利用
  • 概要無
地域住民の活動等
  • 記載無し



河川管理上の課題



添付資料

調査データ

調査データ
  • 無し



関連資料

関連する画像
  • 無し
関連する論文
  • 無し



管理情報

データ管理者
  • 中部地方整備局 岡山河川事務所
入力者
  • 川口究(リバーフロント整備センター)
登録年月日
  • 2011/11/30
更新年月日

関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について