利根川自然再生事業(野尻地区)

提供: 河川生態ナレッジデータベース

利根川
水系利根川水系
河川利根川
距離標
下流側)
17k
距離標
上流側)
30k500
都道府県名 千葉県
市町村名 銚子市
セグメント 3
河床勾配 1/9000
代表粒径 0.1~0.2mm
平均年
最大流量
1,356㎥/s
平均年
最大流量
の比流量
1.30㎥/s/k㎡
平水流量 20.1㎥/s
平水流量
集水面積比
0.019㎥/s/k㎡
流量観測所名 佐原
流量観測地点集水面積 1,040km2
川幅 540m 佐原地点,B:500m未満~200m以上
低水路記載無し
河道状況 記載無し
河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 1/100
河川整備計画の目標流量 16,500㎥/s 基準地点:八ッ斗島
現況流下能力 9500㎥/s 佐原地点

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成13年度
事業終了年度:平成14年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
高水敷湿地環境に改良

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

特定生物の保全,水際環境保全再生創出
  • 水交換が行なわれる場において多様な生物が生息・生育することにより、物質循環を促進して水質浄化効果を高める。
  • 湿地環境を利用する多くの希少な動植物の生息・生育場を提供する。


事業内容
【事業内容】

指標種

植物 ヨシ
水域の動物 ヤマトシジミ
陸域の動物 オオセッカコアジサシ、ヒヌマイトトンボ


工法

高水敷掘削 河口干潟再生

掘削高設定の基本条件

  • 赤潮が発生する2 月~4 月の冠水頻度を確保
  • ヨシなどの湿生植物が生育可能な水深を確保・・・最大水深を20cm 程度


平面形状
 􀂾横断方向:滞留時間の確保+本川との水交換を確実に行う条件 ⇒ 50m 以上
 􀂾縦断方向:横断方向の幅の倍加~本川水面幅相当程度
 􀂾将来は波浪等による赤潮の取込みを期待して全面掘削
 􀂾ヨシなどの湿生植物が生育するまでは波浪が影響しないように部分掘削
 􀂾設定した掘削高で基本的には平板
 􀂾掘削面の不陸整正は行わず、自然形成に委ねる

委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
  • H14で解散 虫明功臣 鷲谷いずみ 柿澤亮三 廣誠 黒住附二 糠谷隆 ほか 計8名
地域住民との連携の概要
  • 記載無し



事業実施後の問題点

記載無し

モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • 記載無し



項目

項目 平常時 洪水
水質
物理環境
生物環境



モニタリング結果(事前)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(直後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
生物環境の知見



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) A類型 BOD75%値 約3.0mg/l (水郷大橋)
植物 ヨシ、カサスゲ、シオクグ、コガママコモ
植物(重要) シオクグ、コガママコモ
水域の動物 マルタウグイウナギ、スズキ、ボラ、シラウオ、エドハゼ、ヤマトシジミ
水域の動物(重要) 記載無し
陸域の動物 オオセッカコアジサシ、ヒヌマイトトンボ
陸域の動物(重要) ヒヌマイトトンボ、オオセッカ



社会環境

背後地の状況
  • 市街地(密)
水利用
河川利用
  • 田園風景で水郷地帯が広がる。公園やグラウンドなどが整備され散策やスポーツ等の利用が行われるとともに、佐原、潮来等を中心とする水郷地帯では、現在でも江戸への物流を支えた利根川の舟運を活用した観光やお祭り等が行われている。
地域住民の活動等


河川管理上の課題


添付資料

調査データ

調査データ

関連資料

関連する画像


関連する論文



管理情報

データ管理者
  • 関東地方整備局 利根川下流河川事務所 調査課
入力者
  • 財団法人リバーフロント整備センター(川口究)
登録年月日
  • 10/6/2011
更新年月日
  • 10/6/2011


関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について