円山川自然再生事業

提供: 河川生態ナレッジデータベース

円山川
事業実施箇所
【事業実施箇所】
水系 円山川水系
河川 円山川
距離標
下流側)
10k800
距離標
上流側)
16k200
都道府県名 兵庫県
市町村名 豊岡市,養父市
セグメント 2-2,2-1
河床勾配 1/850~1/640
代表粒径(d=60) 未確認
平均年
最大流量
1,307.32 m³/s
平均年
最大流量
の比流量
1.56m³/s/k㎡
平水流量 22.00m³/s
平水流量
集水面積比
0.03m³/s/k㎡
流量観測所名 府市場
流量観測地点
集水面積
837k㎡
川幅 120m
低水路80m
河道状況 の減少、中州や寄州の安定化
河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 未策定
河川整備計画の目標流量 未策定
現況流下能力 未確認

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成14年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
円山川下流河床勾配が緩く、両岸が山付きで河口が狭いという、洪水氾濫しやすい地形的な特徴を有している。かつての六万田んぼ周辺は水はけが悪い地形特性のため。湿地(湿田)であったと思われる。そこには昭和30年代まで野生のコウノトリが生息していたことから、豊岡盆地には餌となる魚類やカエル、昆虫類が豊富に生息していたと思われる。現在では河川改修や圃場整備事業により、生物の生息の場が減少するとともに、生息する生物の多様性が減少している。

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

(1)湿地環境保全再生創出
(2)水際環境保全再生創出
(3)縦断的な河川連続性保全再生


本川下流ブロックにおける目標と整備メニュー
本川下流ブロックにおける目標と整備メニュー】

指標種

植物 ヨシ,ヤナギツルヨシシオクグ,ケヤキ,ムクノキ
水域の動物 メダカタイリクバラタナゴヤマトシジミ
陸域の動物 コウノトリ,カワセミ,サギ,オオヨシキリカワセミアオサギ,イトトンボ類,ヒヌマイトトンボ


工法

(1)湿地再生
(2)流水断面整備(魚道整備を含む)
  • 取水などに設置されている魚道の改良、新設
  • 支川の合流部や水路流入部にある落差を解消し、生物の移動可能範囲を拡大


委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
  • 藤田裕一郎,大迫義人,神田圭一,田中哲夫,中勲,服部保,三橋弘宗,天野邦彦
地域住民との連携の概要
  • 情報の発信と勉強会の実施(一般市民、自治会、学校、教育機関、漁協、コウノトリ市民研究所等のNPO、河川管理者
  • ツールの作成と配布(指標種等の写真を記載した冊子、下敷きなどのグッズの作成、配布)



事業実施後の問題点

  • 記載なし



モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体



場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • 工事実施後5年間



項目

項目 平常時 洪水
水質 富栄養化 濁り その他 -(対象外)
物理環境 河床材料 航空写真 -(対象外)
生物環境 植物 陸上昆虫類 両生爬虫類 哺乳類 鳥類 底生動物類 魚類 -(対象外)



モニタリング結果(事前)

物理環境

(1)河川景観河床材料、河床形態

(2)水質


生物環境

(1)陸域生物

(2)水域生物



モニタリング結果(直後)

物理環境


生物環境

(1)水域生物

  • 魚類の全体確認数では、調査毎の大きな差異や顕著な傾向はみられない。
  • エドハゼ、クボハゼは、生息数が極めて少ないことが考えられる。

(2)陸域生物

  • 鳥類の確認は円山川の中・下流、奈佐川、出川で減少傾向で樹林環境草地環境に生息する鳥類の減少
  • 未確認の鳥類のいずれのは個体数が少なく、偶然性や行動圈、調査時期等の違いによるものと考えられる。



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境


生物環境

(1)水域生物

  • 魚類の着目の確認状況はほぼ安定して高いカバー率を示し、河川環境の回復状況を示していると考えられる。

(2)陸域生物

  • コウノトリは、高水敷掘削箇所など、湿地再生された箇所への飛来が多く、経年的に飛来回数が増加している。



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
  • -
生物環境の知見
  • -



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) A
植物 シオクグ,オオマルバノホロシ,ヨシ群落オギ群落カワヤナギ
植物(重要) シオクグ,オオマルバノホロシ
水域の動物 シラウオ,ウグイギンブナ,ビリンゴ,クボハゼ,イチモンジタナゴ,メダカタイリクバラタナゴ
水域の動物(重要) クボハゼ,シラウオ
陸域の動物 ヒヌマイトトンボ,ナゴヤサナエ,オオヨシキリツバメ,コウノトリ,チュウサギ
陸域の動物(重要) ヒヌマイトトンボ,ナゴヤサナエ,オオヨシキリツバメ,コウノトリ



社会環境

背後地の状況
  • 農地
水利用
  • 記載無し
河川利用
  • 昭和30年代に約40万m3の砂利採取、その後も昭和59年までに約60万m3の砂利採取,昭和50年以降は砂利採取規制あり
地域住民の活動等
  • 記載無し



河川管理上の課題



添付資料

調査データ

調査データ
  • 無し



関連資料

関連する画像
  • 無し
関連する論文
  • 神谷毅(2011)地域活性化を支援する円山川自然再生の効果検証~コウノトリの採餌環境に配慮した湿地整備~,平成23年度近畿地方整備局研究発表会論文集


その他

外部リンク


管理情報

データ管理者
  • 近畿地方整備局 豊岡河川国道事務所
入力者
  • 川口究(リバーフロント整備センター)
登録年月日
  • 2011/11/30
更新年月日

関連ページ


表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について