付着藻類

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 付着藻類とは、水中植物、底、岩等の表面に付着している珪藻、藍藻、緑藻、紅藻等の藻類の総称である。
 この付着藻類は、水圏生態系の中で一次生産者の位置にあり、付着藻類やその剥離したものを主要な餌としている水生昆虫魚類アユ等)も多い。特に河床がからなるでは付着藻類生産量が高く、水圏生態系の構成要素として欠くことができない生物群である。
 また、環境面から見ても、水質汚濁の生物指標として有効であり、水質汚濁の程度や水質の変化を把握する上で重要な指標となり得るものである。

出典:国土交通省水管理・国土保全局(2012)河川防技術基準調査編,平成24年6月版

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について