九頭竜川自然再生事業

提供: 河川生態ナレッジデータベース

九頭竜川、日野川
事業実施箇所
【事業実施箇所】
水系九頭竜川水系
河川九頭竜川、日野川
距離標
下流側)
九頭竜川0k、日野川0k
距離標
上流側)
九頭竜川30k、日野川10k
都道府県名 福井県
市町村名 福井市、坂井市、永平寺町
セグメント 3,2-2,2-1,
河床勾配 鳴鹿地点までは概ね1/100~1/300、鳴鹿地点から日野川合流点までは概ね1/300~1/1,000、日野川合流点下流では1/6,700~1/5,100
代表粒径 真名川合流点から鳴鹿地点までは人頭大、鳴鹿地点から真名川合流地点の間で100mmから1mm程度、日野川合流点より下流では0.5mm程度
平均年
最大流量
1,617㎥/s
平均年
最大流量
の比流量
1.30㎥/s/k㎡
平水流量 80.1㎥/s
平水流量
集水面積比
0.065㎥/s/k㎡
流量観測所名 中角
流量観測地点集水面積 1,240km2
川幅 270m,B:500m未満~200m以上
低水路記載無し
河道状況 山間渓谷部を比較的急勾配で下り、大野盆地で真名川を合流した後、河岸段丘の挟まれた平地を蛇行を繰り返しながらを形成

鳴鹿地点で福井平野に入り、河床勾配を緩めながら西流し、福井市において日野川を合流した後、川幅を広めて北流し、三国町において日本海に注ぐ

河床の
変化傾向
変化なし
河川整備計画の計画目標安全度 1/150
河川整備計画の目標流量 8600㎥/s 基準地点:中角
現況流下能力 5500㎥/s

自然再生事業に関する事例

事業開始年度:平成13年度
事業終了年度:平成14年度
事業の進捗段階:モニタリング
事業の背景:
下流部では湿地環境の減少、中流域では砂礫河原の減少が見られ、アンケートではが多かった河原ヤナギが繁茂し、九頭竜川らしさが見られなくなったという意見が寄せられている。

>概要表示へ移動(別ページ)

目次

事業概要

事業目的

河原保全再生水際環境保全再生創出、縦断的な河川連続性保全再生

 【水際環境保全再生

 【砂礫河原再生

 【支川・水路の連続性確保】

  • 多様な魚類の遡上・降下、多様な流れの形成、生物の生息域拡大


事業内容
【事業内容】

指標種

植物 カワラヨモギカワラハハコ、ヨシ、マコモ
水域の動物 アラレガコ
陸域の動物 コアジサシイカルチドリ


工法

護岸整備、流水断面整備(魚道整備を含む)、その他

 【水際環境保全再生

 【砂礫河原再生

 【支川・水路の連続性確保】



委員会、連携の状況

委員会の有無
委員の氏名
地域住民との連携の概要
  1. 河川管理者やその他行政機関等の管理者が地域活動団体等に協働の呼びかけを行う管理者主導型の方法
  2. 地域活動体等から要請を受けて管理者が支援する支援型の方法
  3. 地域活動団体と管理者が協働で活動を実施していく方法に区分される。適切かつ効果的な地域連携の方法を選択しながら事業実施段階毎に活動を展開していく。



事業実施後の問題点

記載無し

モニタリング

概要

モニタリングの有無
実施主体


モニタリングの考え方
モニタリングの考え方】

モニタリング計画1
モニタリング計画1】

  モニタリング計画2
  【モニタリング計画2】

場所

  • 直接改変区域及び間接改変区域



期間

  • その他, 記載無し



項目

項目 平常時 洪水
水質 濁り その他 濁り その他
物理環境 流量 河床材料 横断形状
生物環境 植物 陸上昆虫類 両生爬虫類 鳥類 魚類



モニタリング結果(事前)

物理環境
  • 記載無し
生物環境



モニタリング結果(直後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



モニタリング結果(数年経過後)

物理環境
  • 記載無し
生物環境
  • 記載無し



インパクトレスポンス

インパクトレスポンスに関する知見の集積状況

参考になる知見の有無
物理環境の知見
生物環境の知見



地図


より大きな地図で [[自然再生事業|自然再生事業]]事例地図 を表示

基礎情報

自然環境

水質(類型指定) A類型(九頭竜川の日野川合流点まで) BOD75%値:約1.0mg/l(中角)

B類型(日野川) BOD75%値:約2.0mg/l(清水山橋)

植物 ヨシ、マコモツルヨシカワヤナギネコヤナギカワラヨモギカワラハハコ、ブナ、スダジィータブ
植物(重要) カワラノギク、ホソバイヌタデ、イダイオウ、タコノアシ、ミズマツバ、ミズネコノオ、カワヂシャ、フジバカマ、カキツバタ、ツクシガヤ、ミクリ
水域の動物 ボラ、スズキ、ワカサギ、ハゼ、アユ、サクラマス、アジメドジョウ、アカザ、カジカ、ヨシノボリ、ナマズイワナヤマメサツキマス、オオヨシノボリ
水域の動物(重要) アラレガコ、イトヨ、スナヤツメ、イチモンジタナゴ、アジメドジョウシマドジョウ、アカザ、ワカサギ、イワナ、サケ、ウツセミカジカ、トウヨシノボリ
陸域の動物 コヨシキリ、オオヨシキリ、オオジュリン、チョウヒ、カイツブリ、ガン、カモ、カモメ、ツバメ、サギ、チドリ、セキレイ、コアジサシイカルチドリイソシギ、アオモンギンセダカモクメ、ニホンカモシカ、ニホンイノシシ、ホンドモモンガ、ホンシュウジカ、オオルリ、クマタカ、オオタカ、イヌワシ
陸域の動物(重要) オオヒシクイ、ササゴイ、チョウサギ、コハクチョウ、マガン、オシドリ、ヨシガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ミサゴ、オオタカ、ツミ、ハイタカ、ノスリ、サシバ、クマタカ、チュウヒ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、コチドリイカルチドリシロチドリ、シソシギ、ホウロクシギ、コアジサシヤマセミ、ビンズイ、サンショウクイ、セッカ、コサメビキタ、ホオアカ、ノジコ、コムクドリ、オナガ、ヒバカリ



社会環境

背後地の状況
  • 農地
水利用
  • 九頭竜ダム、真名川ダム、笹生川ダム、足羽川ダム(建設中)
  • 鳴鹿大
河川利用
地域住民の活動等
  • 河川愛護週間に合わせた交流や、出前講座を実施


河川管理上の課題


添付資料

調査データ

調査データ

関連資料

関連する画像


関連する論文



管理情報

データ管理者
  • 近畿地方整備局 福井河川国道事務所 調査課
入力者
  • 財団法人リバーフロント整備センター(川口究)
登録年月日
  • 10/6/2011
更新年月日
  • 10/6/2011


関連ページ



表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について