ヨシノマダラカゲロウ

提供: 河川生態ナレッジデータベース

生物用語集Category:生物用語集:水生昆虫類

目次

写真



分布・形態

分布

  • 日本各地に広く分布する。


形態等

  • 幼虫の特徴:体長約8mm。ずんぐりしたカタチで、体は硬くなっている。


類似

  • マダラカゲロウ科の幼虫はいかめしく、ずんぐりした丈夫な体。棘の多い頭部や肢、のろのろした行動などを特徴とする一群のカゲロウである。日本産24が明らかにされている。

  (2010.11.19._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

生活史

生活サイクル

  • 6~7月に羽化する。

生息場所

  • 上流から下流にかけて広く分布している。の間の落ち葉の下、岸よりヨシの根元など、すみ場所はさまざまである。

  (2010.11.19._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

繁殖

  • 年1世代(詳しい生態は知られていない)。

  (2010.11.19._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

食性

  (10.11.19._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

配慮のポイント

  • 上流から下流にかけて広く分布しており、生息環境は比較的広い。

  (2010.11.19._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について