ヒバリ

提供: 河川生態ナレッジデータベース

生物用語集Category:生物用語集:鳥類

目次

写真


分布・形態

分布

  • ヨーロッパの大部分、イラン北部、ウズベク、中央アジア、シベリア南部、モンゴル、中国東北地区、アムール地方、ウスリー地方、オホーツク海沿岸、カムチャツカ半島、チュクチ半島、サハリン、日本などで繁殖し、北の地方のものは冬に南へ移動する。
  • 日本では九州以北で繁殖し、北日本や積雪地のものは冬に暖地へ移動する。

大きさ

  • 全長約17cm、翼を広げた大きさは約32cm。スズメよりやや大きい。

形態・色彩等

  • ずんぐりした茶褐色の鳥で、しばしばやや長めの冠羽を立てる。
  • 背面は茶褐色に暗褐色の小斑があり、眉斑は白く、頬と耳羽は黄褐色で黒い縦斑がある。腹面は白いが、胸のあたりに橙色を帯びた暗褐色の小斑が並ぶ。大雨覆と中雨覆は暗褐色で黄褐色の羽縁があるが、小雨覆の部分は一様に黄褐色である。また、嘴は暗褐色で脚は黄褐色である。

鳴き声

  • 囀りは上り鳴き、空鳴き、下り鳴きの3部分よりなり、それぞれ、チーチビチーチビチーチビ、チュクチュクチーチュクチュクチーツゥイツゥイツゥイ、リュリュリュリュピーピーピーというように聞こえる鳴き方をする。地鳴きピリュッピルッという声で、草の上を低く飛ぶ。

飛翔時の特徴

  • 地上から飛び立つ褐色の小鳥で、低く直線的に飛ばないで、大きく流れるように軽く飛ぶ。翼の後縁と尾の両側に白色部分がある。

類似

  • タヒバリ(冬鳥)は翼の後縁に白色がないこと、飛翔時に猫背のように見えること、鳴き声が異なること、地上ではよく尾を振ることなどで本と見分けられる。
  • ヒメコウテンシ(旅鳥)は本より小型で色彩が淡く見えること、冠羽がないこと、翼の後縁の白い線がないこと、鳴き声が異なることなどで区別できる。

  (2011.1.14._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

生活史

生活サイクル
ファイル:507_hibari.JPG

生息場所

  • 低地から山地の草原、畑、草のある河川敷や海岸で、芝生などの丈の低い草地に生息する。

習性

  • 繁殖期には雌雄で縄張りをもつ。縄張りの広さは5000~1万㎡ほどである。
  • 秋冬には数羽から数十羽の群れで行動する。
  • また、浴びをするのも特徴的である。

  (2011.1.14._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

繁殖

繁殖場所

  • 畑、牧場、草原、河原、埋立地などの草の根元などの地上に浅い穴を掘り、枯れ草や細い根などを敷いて皿形の巣を作る。巣作りは雌が行う。

繁殖期

  • 産卵期は3~7月で、巣の中に3~4卵を産む。年に2回産卵するようである。

抱卵日数

  • 抱卵は雌が行い、雄は囀りを繰り返して縄張りを守るほか、雌の採餌中は巣を守る仕事をする。
  • 抱卵日数は11~12日。孵化した雛は薄茶色の産毛に覆われている。孵化後は雌雄で餌を運び、雌はときどき雛を抱いて温める。孵化後9~10日で巣立つが、この時期にはまだ飛ぶことができない。

  (2011.1.14._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

食性

採餌行動

  • 地上を歩きながら、昆虫や草の子などを採餌する。
  • 育雛期には、雛には主に昆虫を与える。

  (2011.1.14._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

他の生物との関係

外敵

  • 卵や雛はカラス、犬などに狙われる。

その他

  • 抱卵抱雛期に外敵が巣に近づくと、親鳥は擬傷行動をする。

  (2011.1.14._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

配慮のポイント

  • 高水敷の芝生や荒れた丈の低い草地等を繁殖・生息場所とするので、浜辺・河川敷などに、このような環境を維持・保全することが必要である。
  • 繁殖期には、繁殖地への人や車等の進入を制限する必要がある。

  (2011.1.14._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について