ニゴイ

提供: 河川生態ナレッジデータベース

生物用語集Category:生物用語集:魚類

目次

写真


分布・形態

分布

  • 本州、四国のほぼ全域と、九州北西部に分布する。日本の固有亜種であり、国外には分布しない。

'形態

  • 全長約500㎜。背鰭基底が短く、ひげがあり、口が吻端より下面に開くのがニゴイ属の特徴である。

類似

  • 同じ属にズナガニゴイ、コウライニゴイがいる。ズナガニゴイは一見コイに似ているが、背鰭基底がずっと短く、尾鰭の切れ込みも深く、吻がやや長い。体側、背鰭、尾鰭に褐色の模様があるので区別できる。コウライニゴイは下唇に発達した皮弁がある。

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

生活史

生活サイクル
ファイル:356_nigoi.JPG

生息場所

  • 大きな川の中~下流域から汽水域まで、また湖にも生息する。流れの緩やかな水域の底層部、特に底に多い。
  • 後期仔魚期にすでに底生生活をしている。深いところを好み、河川では主としてに集まる。
  • コイ科としては、耐塩性が強く、汚濁や富栄養化にも強い。

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

繁殖

  • 産卵期:関東地方では4~6月。琵琶湖では5~7月、最盛期は5月下旬~6月上旬。
  • 産卵場所:川の中流域。
  • 産卵床:水深10cm~1mの深さの砂礫底。大型個体ではがあってもよい。
  • 卵:直径1.8~2.2mmの粘着卵で、卵黄は淡赤褐色。
  • 孵化日数:23℃では67~95時間で孵化する。
  • 産卵行動:降雨後に行われる。普通は雌1尾に雄数尾が追尾する。琵琶湖周辺では増水時に河川へ群れで遡上して産卵する。
  • 追星:雄は頭部と胸鰭、腹鰭に白色の小さい追星を生じる。
  • 婚姻色:雄の婚姻色はやや顕著で、全身が黒化し、金属光を失う。

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

食性

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

他の生物との関係

  • ニゴイの産卵時には、ハスオイカワが卵を食べるために待っていることが多い。産卵時期、場所ともウグイに似ている。

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

配慮のポイント

  • 汚濁、富栄養化に強く、また、底の河床に堆積するような場所では増加する傾向にある。西日本の河川では環境が悪化すると、ウグイよりもニゴイが多くなる。むしろ、ニゴイだけが増えることのない生息環境の方が、他の魚にとっては好適な環境と考えられる。

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

トピックス

  • 漁法:琵琶湖流入河川では川の深いところから上がってくるのを狙って、投げ釣りやルアーで釣る。
  • ハゼ類に似る:稚魚のときには底生で、体に茶褐色の模様があるので、一見ハゼ類にも見える。
  • 利用:小骨が多いが肉質はよく、洗い、天ぷら、唐揚げにする。
  • 名前の由来:コイに似ていることからニゴイになったと考えられるが、見かけはコイよりもずっと細い。

【ズナガニゴイとコウライニゴイの分布】

  • ズナガニゴイは近畿地方以西の本州各地に分布し、九州、四国には分布しない。国外では朝鮮半島と中国の遼河から報告されている。
  • コウライニゴイは朝鮮半島、中国大陸、台湾、海南島にのみ分布し、日本には分布しないとされてきたが、中部から山陽地方、四国に分布することが報告され、亜種からとして分類された。

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について