トビ

提供: 河川生態ナレッジデータベース

生物用語集Category:生物用語集:鳥類

目次

写真


(撮影場所:千曲川・撮影日:平成23年2月1日・撮影者:RFC川口) --Kkawaguchi 2011年12月21日 (水) 21:56 (JST)



分布・形態

分布

  • サハラ漠を除くアフリカ、サウジアラビア、ユーラシア大陸の中部および南部、日本、セレベス、ニューギニア、オーストラリアなどで繁殖し、北の地方のものは冬季は南に移動する。
  • 日本では主に九州以北に留鳥として普通に生息し、繁殖する。特に漁村や河川の養魚場付近に目立つ。


大きさ

  • 全長は雄が約59cm、雌が約69cm、翼を広げた大きさは約157~162cmで、雌の方がやや大きい。


形態・色彩等

  • M型に切れ込んだ尾を持つ大型のタカ類で、尾は広げると三味線のバチ形になる。
  • 全身褐色で、肩羽や雨覆には淡色の羽縁があり、尾には不明瞭は黒帯がある。飛ぶと翼の下面の先端に近い部分にかなり目立つ大きな淡色斑が見える。嘴は黒色、嘴の基部にある蠟膜と脚は緑黄色である。若鳥は上下面とも淡褐色の斑が著しい。


鳴き声

  • ゆっくりと円を描いて帆翔しながらピーヒョロロと鳴く。タカ類のなかでは最もよく鳴くである。


飛び方

  • 帆翔を主とし、ときどきゆっくりした羽ばたきを交えて軽々と上昇気流に乗って飛び、高空に輪を描いて飛ぶことも多い。


類似

  • ワシタカ類のなかでは見分けが容易なで、体が全体に黒っぽく見えること、尾が凹型をしていること、風切基部に大きな淡色斑があることなどで他のと区別できる。

  (2010.12.1._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

生活史

生活サイクル
ファイル:459_tobi_1.JPG

生息場所

  • 平地から低山帯にかけて平坦な農耕地、水田、林縁、村落、大きい川の河原、海岸などに生息する。海岸では漁港に集まり、川では合流点や河口、養魚池付近に集まることがある。

習性

  • 両翼を水平に保ち、悠々と帆翔していることが多いが、枝や杭に止まって長時間休むこともある。秋冬には一定の林に集団ねぐらを形成する。集団性が強く、数百羽で群れることもある。

  (2010.12.1._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

繁殖

繁殖場所

  • 巣作りは2月中旬頃から開始され、3月上旬頃までに、平地から山地の大木の枝上に枯枝を積み重ねて直径45~80cmの皿形の巣を完成する。

繁殖期

  • 産卵期は4~5月頃で、1日おきか数日おきに1卵ずつ2~3卵産む。

抱卵・孵化

  • 抱卵は第1卵目から始まる。抱卵日数は約30日で、孵化後30日の雛は全身に羽毛が生え揃い、巣の近くを歩き回れるほどに成長する。孵化後42日目頃からなんとか飛べるようになるが、孵化後60日頃までは両親の給餌を受ける。

その後の成長

  • 孵化後60日を過ぎると自由に飛べるようになる。しかし、風切羽が伸びて完全に成鳥羽になるのは満2年目である。

  (2010.12.1._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

食性

採餌行動

  • 空中から魚やネズミの死体を見つけると、体を左右に傾け翼を少しすぼめて急降下し、足指で掴む。餌を空中で食べることもあるが、枝や岩の上、地上で食べることが多い。
  • 餌の豊富な都市のゴミ投棄場や漁港などでは群れでいることが多い。

餌の

  • 主に屍肉を食べるが、ネズミ、ヘビ、カエル、ミミズ、鳥などの生きている小動物も捕食する。
  • 他のタカ類のように狩りをする習性は弱く、どちらかといえば廃棄物や屍肉を食べる自然界の掃除屋である。

  (2010.12.1._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

他の生物との関係

外敵

  • トビは餌をくわえて飛んでいるとき、しばしばハシブトガラスやハシボソガラスにまとわりつかれ、餌を奪われる。

  (2010.12.1._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

配慮のポイント

  • 繁殖は山地、海岸、湖畔などの大木の樹上で行われるので、大木を伐らないことが大切である。
  • 繁殖期以外はアカマツなどの樹林で集団ねぐらを形成するので、これらの樹林の保全も必要である。

  (2010.12.1._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について