カワラヒワ

提供: 河川生態ナレッジデータベース

生物用語集Category:生物用語集:鳥類

目次

写真



分布・形態

分布

  • カムチャッカ半島、千島列島、サハリン、日本、ウスリー地方、中国などで繁殖し、北の地域のものは冬は南へ移動する。-日本ではほぼ全国的に繁殖し、留鳥または漂鳥として生息するほか、冬鳥として渡来するものがある。


大きさ

  • 全長約15㎝、翼を広げた大きさは約24㎝、スズメ位の大きさである。


形態・色彩等

  • 翼に鮮やかな黄色い模様を持った小鳥で、雄は体が緑褐色で特に頭部は緑色み力強く、後頸には灰色みがある。雌は全体に色が淡く、緑色みは少ない。ともに階は肉色で、足は淡褐色。
  • 幼鳥は淡褐色で上下面に黒い細い縦斑があり、翼や尾の黄色は淡く、嘴は黒っぽい。


鳴き声

  • 繁殖期には雄は木の梢などでキリキリキリコロコロコロヴィーと鳴く。また、飛びながらキリキリコロコロと鳴き、高いところに止まってはジュイーと繰り返し鳴く。


類似

  • スズメとは、本には翼や尾に黄色い部分があること、止まっているときに本の方が直立した姿勢をとること、尾がはっきりした凹尾であることで見分けられる。
  • マヒワとは、マヒワの方が小さくて体の黄色みが強いこと、マヒワには上下面に黒い縦斑があることで見分けられる。

  (2010.2.15._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

生活史

生活サイクル
ファイル:kawarahiwa_lifeC.gif

生息場所

  • 平地から山地の明るい樹林にすみ、市街地の庭や公園、村落付近のスギ・マツ林、山地のカラマツ林にも生息する。

習性

  • 繁殖期には数十羽から数百羽の群れで蛋活し、農耕地、河原、草原などにもいる。

  (2010.2.15._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

食性

採餌行動

  • 河川敷や農耕地などの草の上や地上で、草の子などを食べる。少し大きめの実を囁で割って食べることができる.オオブタクサ群落によく集まるほか、ヒマワリの実も好んで食べる。

餌の

  • 完全な植物食で、繁殖期植物子を採餌するため、抱卵・抱雛中への雌への給餌量は多い。これに対応するためか、カワラヒワの食道の一部には一時的に子を蓄えるための「そ嚢」とよばれる餌袋がついており、一度に多量の子を運搬できるようになっている。

  (2010.2.15._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

繁殖

繁殖場所

  • 平地から低山地の樹林で繁殖するが、スギ、マツなどの針葉樹林を好む傾向がみられる。市街地でも普通に繁殖し、公園の木や街路樹にも営巣する。
  • 数つがいがまとまり、隣接するなわばりをつくって営巣する。採餌は縄張り外で行なうことが多い。

巣の形状

  • 樹上の枝の茂みに、草の茎、細い根、樹皮、コケ、糸くずなどを用いて椀形の巣を作る。

繁殖期

  • 産卵期は3~7月頃で、1日1卵ずつ3~5卵、通常4卵を産む。

抱雛・孵化

  • 雌が抱卵に入ると、雄は雌に餌を運ぶ。卵は11~13日で孵化するが、毛が生え揃うまで雌は約1週間雛を抱く。この間、雄は雌と雛に給餌する。雛が巣立つのは孵化後14日目頃である。

  (2010.2.15._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

他の生物との関係

外敵

  • 小型のタカ類(チョウゲンボウなど)に襲われる。

  (2010.2.15._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

配慮のポイント

  • カワラヒワは雑草の子を主食とするので、ある程度雑草が繁茂するような草地が必要。
  • 換羽期にはヨシ原子の多い草地が隣接した場所に生息するため、こうした場所の保全が必要である。

  (2010.2.15._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について