ウォッシュロード

提供: 河川生態ナレッジデータベース

Category:河川用語集

 掃流力が限界掃流力を超えて大きくなると、まず川底に近いところで土砂の移動が活発になってきます。運動形態には滑動、転動、小跳躍がありますが、これらを総称して「掃流」と呼びますし、この掃流形態で移動する土砂掃流砂とよばれます。掃流力がさらに大きくなると、土砂粒子は河床近くから離れて水面近くまで運動範囲を広げます。このような運動形態を「浮遊」と呼び、この浮遊形態で移動する土砂浮遊砂と呼ばれます。
 上で述べた掃流砂浮遊砂も「ベッドマテリアルロード」と呼ばれ、河床の土砂が水流の作用で移動するものです。このほかに、河床にはほとんど存在しないのに、流水中を浮遊して流れる土砂があります。これは「ウォッシュロード」と呼ばれるものですが、川の上流で移動を開始した浮遊砂が、沈降しないまま流れに乗って運ばれてきたと考えられます。このウォッシュロードの大部分は、粒径0.1mm以下の微細な土粒子で構成されます。

出典:新谷融・黒木幹男編著(2006) 流域学事典―人間による川と大地の変貌、北海道大学出版会

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について