イワナ

提供: 河川生態ナレッジデータベース

生物用語集Category:生物用語集:魚類

目次

写真


分布・形態

分布

  • アメマス:降海個体は、北海道から南は最上川および利根川以北の本州まで分布するが、ニッコウイワナとの境界は明確でない。
  • ニッコウイワナ:山梨県富士川および鳥取県日野川以北の本州各地に分布するが、他の型のイワナとの区別が不明瞭で、分布境界域は明確でない。
  • ヤマトイワナ:本州中部相模川以西の太平洋に注ぐ河川と琵琶湖流入河川、紀伊半島熊野川水系に分布。
  • ゴギ:中国地方の一部にのみ分布する。山陰では島根県下の斐伊川から高津川までが、山陽では岡山県の吉井川から広島県の太田川を経て、山口県の錦川までが自然分布の範囲とされている。

形態

  • 全長約180~350mm。脂鰭を持つ。体色は、背側がやや黒褐色みを帯びた緑青色で、腹側は淡黄赤色を帯びた白色。体側には、瞳と同大またはそれより小さい白色斑がある(ときにはない個体もある)。

類似

  • ふつうイワナと呼ばれるのは、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ、アメマス、ゴギなどで、これらは、亜種および型分けの2つの考え方がある。
  • ニッコウイワナは、体側に瞳大の黄色から橙色の斑点が側線から腹側にかけて認められる。ヤマトイワナは、斑点が朱紅色で側線の上下に一様に並列している。しかし有色斑の色は北にいくほど、また成長するほど淡色になるほか、白斑が頭頂に及ぶものや無斑のものもあり、区別がつきにくい。
  • アメマス(エゾイワナ)は、大きい白色の斑点があるのが一般的である。ゴギは頭頂に白斑があるとされているが、いずれも変異が多く区別は困難である。
  • 日本のイワナ類は、移入種を含め、他にオショロコマ、ミヤベイワナ、カワマス、レイクトラウトがあり、形態や色斑に違いが見られるが、分類は難しい。ヤマメやアマゴには楕円斑(パーマーク)があり、イワナとは斑紋が異なるので識別は可能である。

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

生活史

生活サイクル
ファイル:373_iwana.JPG

生息場所

  • 日本産の淡水魚のなかでは最も標高の高いところに生息し、本州の中部山岳地帯ではほぼ標高900~2300mに生息する。
  • 夏季の水温が、13~15℃を上限とする河川の最上流域のを中心に生息しているが、アマゴ、ヤマメが同居しない河川では、やや下流まで出てくる。
  • 稚魚の隙間など隠れ場のある河岸のごく浅い流れの緩やかなところに生息し、梅雨の終わる頃、流心付近に姿を見せる。

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

繁殖

  • 産卵期:産卵期は9~11月頃。日中の水温が10℃以下になる頃から始まり、6~7℃以下になる頃終わる。産卵盛期はその地方のブナやミズナラの紅葉の盛期と一致する(静岡県の例では9月下旬~10月下旬)。
  • 産卵場所:谷あいの川幅1~2mのに入り、の岸辺の岩陰やの一部が凹んで少し深くなったところなど、川床に起伏のある、流れの緩やかな浅い砂礫底に産卵する。
  • 卵の性状:卵は直径5~6㎜の黄色で粘性の低い沈性卵で、1つの産卵床に数十~百粒位産み落とされる。
  • 発生:受精卵は1~1.5カ月で孵化するが、そのまま(径20×30c㎡程度)にとどまり、融雪出水後に水中に泳ぎ出す。
  • 稚魚の生活様式:浮上期は、少なくとも西日本では、融雪の増水よりもあとである。その後しばらくは、産卵場付近の岸より(水深5㎝以下)のの隙間に入って動かない。そのあと4月下旬から5月上旬にかけて、Aa型の場所ではやや下手に移動する。
  • 成長:1年で130~160㎜、2年で160~220㎜、3年で170~250㎜に成長する。ふつう2~3年で成熟する。

  (2011.1.28_川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

食性

  (2011.1.28._川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

他の生物との関係

  • 同一河川にアマゴやイワナが局所的に生息する場合はイワナはに近い場所や底近くに生息する傾向が強い。

  (2011.1.28_川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

配慮のポイント

  • 「アマゴ」の゛配慮のポイント゜参照。

  (2011.1.28_川口(RFC)_リバーフロント整備センター編(1996)川の生物図典)

表示
個人用ツール
河川用語解説
河川事業事例アーカイブ・
  調査データ
検索機能について